スポンサーリンク

【2022年版】社会学のおすすめ本”11選”【社会学】

おすすめ本

社会学の勉強におすすめの本をご紹介します!

社会学は、社会現象実態や、社会現象が起こる仕組みを、様々な手法を用いて解明する学問です。

社会学が専門の学者として活躍をしたい人、社会学教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

よくわかる社会学[第3版] (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)


社会学全体わかりやすく解説した入門書です。

社会学 新版 (New Liberal Arts Selection)

長谷川 公一 (著), 浜 日出夫 (著), 藤村 正之 (著), 町村 敬志 (著)

幅広く社会学解説したスタンダード教科書です。

社会学 第五版

アンソニー・ギデンズ (著), 松尾 精文 (翻訳), 西岡 八郎 (翻訳), 藤井 達也 (翻訳), 小幡 正敏 (翻訳), 立松 隆介 (翻訳), 内田 健 (翻訳)

多くのテーマを扱っている社会学テキストです。

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

 

社会学の力 -- 最重要概念・命題集

友枝 敏雄 (編集), 浜 日出夫 (編集), 山田 真茂留 (編集)

社会学史 (講談社現代新書)

はじまりの社会学:問いつづけるためのレッスン

様々な問いから社会学を学んでいくことのできるです。

「シカゴ学派」の社会学

〈社会的なもの〉の歴史: 社会学の興亡 1848-2000

いまを生きるための社会学

友枝 敏雄 (編集), 樋口 耕一 (編集), 平野 孝典 (編集)

どのように生きるべきかといったことを社会学的解説した本です。

シカゴ学派社会学の可能性


社会学全体わかりやすく解説した入門書です。

まとめ

今回は社会学の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!