【2024年版】イスラエルのおすすめ本”63選”【イスラエル】

イスラエル

イスラエルについて勉強したい人向けに、イスラエルについてのおすすめ本をご紹介します!

イスラエルは、西アジアに位置する共和制国家です。実質的な首都はテルアビブで、経済と技術の中心地をなしています。

イスラエルについて学びたい人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  1. だれも知らないイスラエル:「究極の移民国家」を生きる
  2. 地球の歩き方 イスラエル 2019~2020 (地球の歩き方E アフリカ・中近東)
  3. アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)
  4. ユダヤとイスラエルのあいだ: 民族/国民のアポリア
  5. 「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
  6. イスラエルとパレスチナ―和平への接点をさぐる (中公新書)
  7. 聖書の宗教とイスラエル
  8. 日本人のためのイスラエル入門 (ちくま新書)
  9. イスラエル 人類史上最もやっかいな問題
  10. 物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ (中公新書)
  11. イスラエルvs.ユダヤ人――中東版「アパルトヘイト」とハイテク軍事産業
  12. 世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか
  13. イスラエル ――民族復活の歴史
  14. イスラエルとユダヤ人 考察ノート (角川新書)
  15. イスラエルの起源 ロシア・ユダヤ人が作った国 (講談社選書メチエ)
  16. これならわかるパレスチナとイスラエルの歴史Q&A
  17. イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 上: 血塗られた諜報三機関
  18. 世界を動かすイスラエル (NHK出版新書)
  19. モサド・ファイル――イスラエル最強スパイ列伝 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  20. 「乳と蜜の流れる地」から―非日常の国イスラエルの日常生活
  21. 起業家精神のルーツ CHUTZPAH イスラエル流"やり抜く力"の源を探る
  22. イスラエル―ユダヤパワーの源泉 (新潮新書)
  23. エルサレムの歴史と文化-3つの宗教の聖地をめぐる (中公新書 2753)
  24. ユダヤとアメリカ - 揺れ動くイスラエル・ロビー (中公新書)
  25. ISRAELI《イスラエル人》のビジネス文化
  26. 砂漠の教室: イスラエル通信 (河出文庫 ふ 20-1)
  27. モサド: 暗躍と抗争の70年史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  28. イスラエル秘密外交: モサドを率いた男の告白 (新潮文庫)
  29. 物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)
  30. アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?
  31. 知立国家 イスラエル (文春新書)
  32. イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1
  33. シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年 (講談社選書メチエ)
  34. イスラエルに生きる人々 (晶文社アルヒーフ)
  35. 不思議の民イスラエル: 偶然では説明できない世界への招待
  36. イスラエルとユダヤ人に関するノート
  37. ウラ事情がわかる!  「ユダヤ」で読み解く世界史 (PHP文庫)
  38. イスラエル・聖書と歴史ガイド改訂版
  39. パレスチナ人とイスラエルーー中東百年戦争の解を求めて
  40. ケース・フォー・イスラエル―中東紛争の誤解と真実
  41. イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 下: 血塗られた諜報三機関
  42. 現代思想 2018年5月号 特集=パレスチナーイスラエル問題 ―暴力と分断の70年
  43. イスラエルがすごい マネーを呼ぶイノベーション大国 (新潮新書)
  44. イスラエル軍事史
  45. タルピオット イスラエル式エリート養成プログラム
  46. もっと知りたい!イスラエル
  47. イスラエル (岩波新書)
  48. イスラエルを知るための62章【第2版】 (エリア・スタディーズ)
  49. 黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル (平凡社新書0921)
  50. ミリタリーモデリングマニュアル イスラエル戦車編 (ホビージャパンMOOK 886)
  51. イノベーションの国イノベーションの国イスラエル: 世界を変えた15の物語
  52. 秘録イスラエル特殊部隊 中東戦記1948-2014 (早川書房)
  53. わが親愛なるパレスチナ隣人へ ――イスラエルのユダヤ人からの手紙
  54. 砂漠の林檎: イスラエル短篇傑作選
  55. なるほどそうだったのか!! パレスチナとイスラエル (幻冬舎単行本)
  56. イスラエルの真実
  57. アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか (新潮文庫)
  58. イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2
  59. モサド・ファイル2: イスラエル最強の女スパイたち
  60. イスラエル・パレスチナ (シリーズ・中東政治研究の最前線 3)
  61. いま備えよ!: イスラエルを愛するイエスの弟子となるために
  62. イスラエル情報戦史
  63. イスラエル軍現用戦車と兵員輸送車 1985‐2004 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド)
  64. まとめ

だれも知らないイスラエル:「究極の移民国家」を生きる

地球の歩き方 イスラエル 2019~2020 (地球の歩き方E アフリカ・中近東)

ユダヤ教、キリスト教、イスラーム、それぞれの聖地がある国、イスラエル。その見どころは、聖地にある美しくも荘厳な建造物、由緒ある遺跡、沙漠の造形美、海のリゾート、死海の浮遊体験など、いずれもこの地でしか味わえない魅力に満ちています。本書は、イスラエルとその周辺を安全、快適に旅するための必携ガイドです。
今回の2019~2020年版には以下の内容が収録されています。
イスラエルは、ユダヤ教、キリスト教、イスラーム、それぞれの聖地がある国です。国としては、70年前に建国したばかりの若い国ですが、その歴史は4000年以上も前にさかのぼります。日本では紛争に関するニュースばかりが届きますが、実は世界中からの巡礼者をはじめ、一年中観光客が絶えない観光立国。海抜マイナス400mにある死海リゾートも注目を集めています。本書では、イスラエル各地の見どころはもちろん、パレスチナ自治区、エジプトの巡礼地やシナイ半島のリゾート、さらには日帰りで行けるヨルダンのペトラ遺跡の情報も紹介しています。
●本書ならではの巻頭特集
ルート作りのヒント
・どこで何が楽しめるの?
・世界遺産案内
・日の出&日の入、祝祭日、気温やイベントまで網羅したトラベルカレンダー
・旅のモデルプラン
・旅のキーワード
見どころピックアップ
・イエスの足跡をたどる旅~受胎告知、生誕から復活、昇天まで
・イスラエル・モダンカルチャーシーン
・イスラエル産クラフトビール
・音と光で導くエルサレム4000年の旅
ショッピング&グルメ
・料理図鑑、おみやげカタログ
●本書に掲載されているおもな都市・観光地
【エルサレムと死海リゾート】
エルサレム、ベツレヘム(パレスチナ自治区)、ラーマッラー(同左)、エリコ(同左)、死海地方、ネゲブ砂漠
【エイラットとシナイ半島】
エイラット、シナイ半島のリゾート(エジプト)、シナイ山と修道院(同左)、アカバ(ヨルダン)、ペトラ(同左)
【テルアビブと北部イスラエル】
テルアビブ、ヤッフォ、カイザリア、ハイファ、アッコー、西ガラリア地方、ナザレ、エズレル平野、ティベリア
●「旅の準備とテクニック」情報
●コラム「聖書ゆかりの地、エイザリーヤ」「死海写本の発見とクムラン教団」「夜明けのミツペー・ラモーン」「テルアビブのショッピング・センター」など

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)

宿命の地=カナン(パレスチナ)を舞台にくり返された、長く根深い対立の歴史。流血の抗争はなぜ起こったのか? 宗教や民俗紛争、石油資源をめぐる思惑、難民問題など、複雑にもつれた中東問題を、国際政治のダイナミズムの中に位置づけ、解明する。
パレスチナ人とは?--パレスチナ人は、国を持たず、アラブ世界で常に差別されてきた。表面上はアラブの大義という看板の下で受け入れられても、内心ではけっして仲間うちとしては扱われてこなかった。またパレスチナ人は、国による保護を得られないため、個人の努力、そしてパレスチナ人同士の団結によって人生を切り開いてきた。ある国から追放されるようなことがあっても、命ある限りけっして奪われることのないものに投資してきた。つまり教育であった。
パレスチナ人の勉強熱心はアラブ社会では際立っている。パレスチナ人は、医者であり、作家であり、画家であり、弁護士であり、大学教員であり、ジャーナリストであり、研究者である。--本書より
●ユダヤ人国家イスラエルの成立
●米ソの中東進出とスエズ危機
●イスラエルの軍事力
●パレスチナ解放運動の変遷
●第四次中東戦争と石油危機
●イスラエル社会の変貌
●レバノン戦争の構図
●ペレストロイカの影
●インティファーダ
●湾岸戦争とパレスチナ問題

ユダヤとイスラエルのあいだ: 民族/国民のアポリア

「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)

イスラエルとパレスチナ―和平への接点をさぐる (中公新書)

聖書の宗教とイスラエル

日本人のためのイスラエル入門 (ちくま新書)

AI、スタートアップ、先端技術……。宗教と伝統が息づく中東の小国はいかにしてイノベーション大国となったのか? 現役外交官がその秘密を語り尽くす!
序章 イスラエルに関心を持つべき五つの理由
第1章 イノベーションの起きる国―躍進の起源とそのわけ
第2章 イスラエルの強さの秘密
第3章 イスラエルが抱えるリスクとは?
第4章 イスラエルとのビジネス協力―壁を突破するために
第5章 高まるイスラエルの政治的存在感
第6章 日本の役割
終章 イスラエルを通して振り返る日本

イスラエル 人類史上最もやっかいな問題

「知らない」ではすまされない、世界が注視する“この国”を正しく知るための入門書
イスラエル。こんなテーマがほかにあるだろうか?
人口1000万に満たない小さな国が世界のトップニュースになるのはなぜか?
アメリカのキリスト教福音派はなぜ、イスラエルとトランプを支持するのか?
なぜ紛争は繰り返されるのか?
そもそも、いったい何が問題なのか?
世界で最も複雑で、やっかいで、古くからの紛争と思われるものを正しく理解する方法などあるのだろうか?
国際社会の一員として生きていくために、日本人が知っておくべきことが、この一冊に凝縮されている。
争いを拡大させているのは、私たちの無知、無関心かもしれない。
第1部 何が起こっているのか?
1章 ユダヤ人とイスラエル/2章 シオニストの思想/3章 ちょっと待て、ここには人がいる/4章 イギリス人がやってくる/5章 イスラエルとナクバ/6章 追い出された人びと/7章 1950年代/8章 ビッグバン/9章 激動/10章 振り落とす/11章 イスラエルはラビンを待っている/12章 賢明な希望が潰えて/13章 ブルドーザーの最後の不意打ち/14章 民主主義の後退
第2部 イスラエルについて話すのがこれほど難しいのはなぜか?
15章 地図は領土ではない/16章 イスラエルのアラブ系国民/17章 恋物語?/18章 入植地/19章 BDSについて語るときにわれわれが語ること/20章 Aで始まる例の単語/21章 Aで始まるもう一つの単語/22章 中心地の赤い雌牛/23章 希望を持つ理由
第1部 何が起こっているのか?
1章 ユダヤ人とイスラエル/2章 シオニストの思想/3章 ちょっと待て、ここには人がいる/4章 イギリス人がやってくる/5章 イスラエルとナクバ/6章 追い出された人びと/7章 1950年代/8章 ビッグバン/9章 激動/10章 振り落とす/11章 イスラエルはラビンを待っている/12章 賢明な希望が潰えて/13章 ブルドーザーの最後の不意打ち/14章 民主主義の後退
第2部 イスラエルについて話すのがこれほど難しいのはなぜか?
15章 地図は領土ではない/16章 イスラエルのアラブ系国民/17章 恋物語?/18章 入植地/19章 BDSについて語るときにわれわれが語ること/20章 Aで始まる例の単語/21章 Aで始まるもう一つの単語/22章 中心地の赤い雌牛/23章 希望を持つ理由

物語 イスラエルの歴史―アブラハムから中東戦争へ (中公新書)

イスラエルvs.ユダヤ人――中東版「アパルトヘイト」とハイテク軍事産業

世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか

「危機意識」がイノベーションを創り出す!
IT業界有数のイスラエル・ウォッチャーが「強さ」の謎を解く。
タルピオット・プログラムー1万人の若者から50人を選び出す超エリート教育法。
イスラエルはなぜ、このプログラムを必要とするのか。
建国以来、つねに戦争の危機に直面してきた「小国」の安全保障と成長の基盤は「人材」にしかなかった。
軍・官・民が一体となって「エリート」を育成・確保するーその仕組みを支えるのも強い「使命感」と「戦略性」。
国家・企業間の熾烈なグローバル競争を卓越したイノベーション力で席捲する、世界注目の国家イスラエルの、その根本にある発想と思考に迫る。
第1章 身近にあるイスラエル技術
第2章 生きるために制約を乗り越える:イノベーションを生む土壌
第3章 人を育ててきた歴史とイスラエルが取った戦略
第4章 超エリートを育てるタルピオット・プログラム
第5章 教育を重視するイスラエルの文化的背景
第6章 日本とイスラエルとの違い
第7章 イスラエルから学べること、我々がなすべきこと

イスラエル ――民族復活の歴史

イスラエルとユダヤ人 考察ノート (角川新書)

なぜ、強国なのか!? 情報(インテリジェンス)大国なのか!?世界の鍵となる国を第一人者が徹底解説する。「全世界に同情されながら死に絶えるよりも、全世界を敵に回しても生き残る」これがイスラエルの国是だ。世界の政治・経済エリートへ大きな影響力を有す情報(インテリジェンス)大国。中東と世界情勢を分析するには避けては通れない国だが、その実態はあまりにも知られていない。「イスラエルは通常の国民国家ではない」と喝破する第一人者が、イスラエル人の愛国心、さらにそれを支える神理解を読み解く!「本書で私(佐藤)は、イスラエルとユダヤ人から学んだ事柄を記した。イスラエル人の愛国心、さらにそれを支える神理解から、日本国家と日本人が生き残るための知恵を学ぶことが、私が本書を著した目的である」※本書は2015年2月にミルトスより刊行された『イスラエルとユダヤ人に関するノート』を改題の上、加筆修正したものです。

イスラエルの起源 ロシア・ユダヤ人が作った国 (講談社選書メチエ)

「イスラエル」は、どんな国でしょうか? 中東でよく戦争をしている、小国だが強大な軍事力をもっている、と思う人もいるでしょう。一方、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』(1993年)を思い出しながら、長らく迫害されてきたユダヤ人がナチスによるホロコーストの末、ついに作り上げた国と考える人もいるかもしれません。
迫害されてきたかわいそうなユダヤ人が念願かなって作った国、しかしアラブ人(パレスチナ人)を迫害している攻撃的な国ーーこのような対極的なイメージは、いかにして生まれてきたのか。本書は、この謎に迫ります。
ホロコーストがイスラエル建国の大きな後押しになったことは間違いないとしても、そのことはイスラエルの軍事的な志向性を説明しません。さらに歴史を遡ると、19世紀後半からユダヤ人が変化していったこと、それが「国家」による自衛を求める動きにつながっていったことが明らかになります。そこで重要な役割を演じたのが、ロシア人でした。
その具体的な動きを追っていくために、本書はまずロシアのリベラリストに注目します。民族の自由を訴え、それゆえユダヤ人の同化にも反対したマクシム・ヴィナヴェル(1862-1926年)の活動を追っていくとき、パレスチナにユダヤ人国家を作ることを目指すシオニズムに共鳴したユダヤ人の中にも同じ主張をもつ者がいたことが分かります。その典型は、ダニエル・パスマニク(1869-1930年)に見られるものです。
ところが、1880年代にロシアで「ポグロム」と呼ばれるユダヤ人への迫害が始まると、ユダヤ人的側面とロシア人的側面を共存させていたロシアのユダヤ人たちは、徐々にユダヤ的側面に特化していきます。そのときユダヤ人たちがもったのが、ロシアの近代化に寄与してきたユダヤ人は「西洋的」だが、ロシアはそれに対立する「東洋的」な性格を持ち続けている、という認識でした。「東洋的」なロシアによって「西洋的」なユダヤ人が苦境に陥ったとき、「西洋的」な国家はユダヤ人を助けない──その経験は、やがてイスラエルが建国され、アラブ人の暴動が起きたとき、同じ構図をユダヤ人の中に想起させるのです。
『ロシア・シオニズムの想像力』で高い評価を受けた気鋭の研究者が巨大な問いに挑む渾身の論考。現代世界を読み解く手がかりが、ここにあります。
[本書の内容]
序 章 二種類のユダヤ人
第一章 内なる国際関係
第二章 ユダヤ人とロシア帝国
第三章 「ロシア・ユダヤ人」の興亡
第四章 ファシズムを支持したユダヤ人
第五章 民族間関係の記憶
第六章 相補関係のユダヤ化
終 章 多面的な個が民族にまとまるとき

これならわかるパレスチナとイスラエルの歴史Q&A

イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 上: 血塗られた諜報三機関

国家とユダヤ人を危害から守るためにあらゆる手段を講じるイスラ
エル。イスラエルの新聞記者が政府・軍関係者への膨大な聞き取り
から明らかにした、イスラエルで特殊任務にあたるモサド、シン・
ベト、アマンの3機関による、諜報活動と要人暗殺作戦の初の通史

世界を動かすイスラエル (NHK出版新書)

NHK記者が見た、イノベーション強国の本当のすがた
米トランプ政権の岩盤支持層「キリスト教福音派」の取材を先取りし、「中東ドローン戦争」を予見した駐エルサレムNHK特派員による深層リポート。ハイテク立国イスラエルと激変する中東情勢を、「イノベーション」「アメリカのキリスト教福音派」「シェール革命」など、複数のキーワードから多角的に読み解いていく。長期取材によって〈見えにくい国イスラエル〉の実像を浮き彫りにし、中東のみならずアメリカ、湾岸諸国、そして世界のゆくえを占う渾身のルポルタージュ。国際社会で活躍するビジネスパーソン必読の書。
序章 「自滅」となったアラブの春
第1章 イスラエル、イノベーションの春
第2章 エルサレムに向かうアメリカ福音派
第3章 「ラスボス」イランとの確執
第4章 トランプとネタニヤフ
第5章 中東情勢を揺るがす原油価格
第6章 イラン危機
第7章 中東ドローン戦争の時代へ
第8章 ネタニヤフのサバイバル
終章 イスラエル、中東、アメリカの未来

モサド・ファイル――イスラエル最強スパイ列伝 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

「乳と蜜の流れる地」から―非日常の国イスラエルの日常生活

起業家精神のルーツ CHUTZPAH イスラエル流"やり抜く力"の源を探る

イスラエル―ユダヤパワーの源泉 (新潮新書)

エルサレムの歴史と文化-3つの宗教の聖地をめぐる (中公新書 2753)

ユダヤとアメリカ - 揺れ動くイスラエル・ロビー (中公新書)

ISRAELI《イスラエル人》のビジネス文化

建国からわずか70余年、日本の四国ほどの国土しかなく、人口が900万人程度のイスラエルが、なぜ「スタートアップ大国」になれたのか。またそう呼ばれるまでにこの国を伸し上げた人たちの活力はどこからきているのか。著者のオスナット・ラウトマン氏は、イスラエル文化を研究する傍ら、多国籍企業のCEOや政府機関をクライアントに持つ一流の組織コンサルタントである。イスラエル人である著者自身がイスラエル人の性格を生々しく描いた上で、ビジネスでどう向き合えばよいのか、有効なコミュニケーション・ツールは何なのか、どうすれば共にビジネスを成功に導くことができるのかを紐解き、「イスラエル人の攻略法」を見事に解説する。

砂漠の教室: イスラエル通信 (河出文庫 ふ 20-1)

モサド: 暗躍と抗争の70年史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

イスラエル秘密外交: モサドを率いた男の告白 (新潮文庫)

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)

アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?

知立国家 イスラエル (文春新書)

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1

シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年 (講談社選書メチエ)

イスラエルに生きる人々 (晶文社アルヒーフ)

不思議の民イスラエル: 偶然では説明できない世界への招待

イスラエルとユダヤ人に関するノート

ウラ事情がわかる!  「ユダヤ」で読み解く世界史 (PHP文庫)

イスラエル・聖書と歴史ガイド改訂版

パレスチナ人とイスラエルーー中東百年戦争の解を求めて

ケース・フォー・イスラエル―中東紛争の誤解と真実

イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 下: 血塗られた諜報三機関

現代思想 2018年5月号 特集=パレスチナーイスラエル問題 ―暴力と分断の70年

イスラエルがすごい マネーを呼ぶイノベーション大国 (新潮新書)

イスラエル軍事史

タルピオット イスラエル式エリート養成プログラム

もっと知りたい!イスラエル

イスラエル (岩波新書)

イスラエルを知るための62章【第2版】 (エリア・スタディーズ)

黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル (平凡社新書0921)

ミリタリーモデリングマニュアル イスラエル戦車編 (ホビージャパンMOOK 886)

イノベーションの国イノベーションの国イスラエル: 世界を変えた15の物語

秘録イスラエル特殊部隊 中東戦記1948-2014 (早川書房)

わが親愛なるパレスチナ隣人へ ――イスラエルのユダヤ人からの手紙

砂漠の林檎: イスラエル短篇傑作選

なるほどそうだったのか!! パレスチナとイスラエル (幻冬舎単行本)

イスラエルの真実

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか (新潮文庫)

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2

モサド・ファイル2: イスラエル最強の女スパイたち

イスラエル・パレスチナ (シリーズ・中東政治研究の最前線 3)

いま備えよ!: イスラエルを愛するイエスの弟子となるために

イスラエル情報戦史

イスラエル軍現用戦車と兵員輸送車 1985‐2004 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド)

まとめ

今回はイスラエルの勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!