スポンサーリンク

【2022年版】実験経済学のおすすめ本”7選”【実験経済学】

おすすめ本

実験経済学の勉強におすすめの本をご紹介します!

実験経済学は、経済学的な問題に対して、実験的な手法による研究を行う学問のことです。

実験経済学が専門の学者として活躍をしたい人、電磁気学教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

実験経済学入門 (ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端=アドバンスト・コース)


実験経済学をわかりやすく学べるテキストです。

実験経済学への招待

西条 辰義 (著, 編集)

実験経済学基礎からしっかりと学べるです。

実験経済学

川越 敏司 (著)

実験経済学基礎から応用までわかりやすく解説したテキストです。

実験経済学・行動経済学15講 (ライブラリ経済学15講 APPLIED編)

 

実験ミクロ経済学

小川 一仁 (著), 川越 敏司 (著), 佐々木 俊一郎 (著)

マルチエージェントのための行動科学:実験経済学からのアプローチ (マルチエージェントシリーズ A-6)

経済学のための実験統計学

Peter G. Moffatt (原著), ピーター モファット (著), 川越 敏司 (翻訳), 會田 剛史 (翻訳), 小川 一仁 (翻訳), 佐々木 俊一郎 (翻訳), 長江 亮 (翻訳), 山根 承子 (翻訳)

まとめ

今回は実験経済学の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!