スポンサーリンク

【2022年版】労働法のおすすめ基本書”15選”【労働法】

おすすめ本

労働法の勉強におすすめの本をご紹介します!

労働法資本主義における労働について、労働者の生存権という法理念にもとづいて作られた法律のことです。

労働法が専門の学者として活躍をしたい人、労働法教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

労働法入門 新版 (岩波新書)

労働法基礎知識をわかりやすく解説した本です。

労働法

¥3,344 (2022/10/03 13:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

労働法全体的な知識エッセンスを学べる本です。

ベーシック労働法 第8版 (有斐閣アルマ > Basic)

労働法全体像要点を学べる、入門者にもわかりやすいです。

労働法 第3版 (有斐閣ストゥディア)

小畑 史子 (著), 緒方 桂子 (著), 竹内(奥野) 寿 (著)

労働法日常生活の例を多く用いながら、労働法の考え方丁寧に解説したです。

労働法 第4版 (LEGAL QUEST)

労働法要点をおさえた分かりやすい教科書です。

労働法 第3版

労働法全体像わかりやすく解説したです。

労働法〔第4版〕

労働法について体系的に学べるです。

労働法 (法律学講座双書)

労働法体系的に解説した本格的な本です。

詳解 労働法

水町 勇一郎 (著)

歴史的な経緯理論的な考え方などを示しつつ、労働法全体像を分かりやすく解説したです。

労働法

¥5,500 (2022/10/03 13:38:06時点 Amazon調べ-詳細)

労働法体系的に解説した本格的な本です。

プレップ労働法 第6版 (プレップシリーズ)

労働法の全体をわかりやすく学べる本です。

プラクティス労働法(第3版) (プラクティスシリーズ)

労働法の基本から応用まで、具体的な事例と共にしっかりと学べる本です。

労働法講義

¥4,400 (2022/10/02 16:56:50時点 Amazon調べ-詳細)

労働法について、法科大学院でも通用する知識を学べる本です。

ゼロから学ぶ労働法

¥2,750 (2022/10/03 13:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

労働法について基本的な事項から学べる本です。

教養としての「労働法」入門

労働法制の歴史や世界の労働法制との比較などと共に、労働法の全体像を学べる本です。

労働判例百選〔第10版〕

労働法の重要な判例100選を学べる本です。

判例労働法入門〔第7版〕

¥3,300 (2022/10/02 16:56:51時点 Amazon調べ-詳細)

重要判例と共に、労働法の全体をわかりやすく解説した本です。

まとめ

今回は労働法の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます