スポンサーリンク

【2022年版】社会選択理論のおすすめ本”7選”【社会選択理論】

おすすめ本

社会選択理論の勉強におすすめの本をご紹介します!

社会選択理論は社会にとって望ましい決定を行なうような仕組みの設計方法を解明する理論のことです。

社会選択理論が専門の学者として活躍をしたい人、社会選択理論教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)

 

社会的選択理論への招待 : 投票と多数決の科学

 

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

 

グラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くために

ウイリアム グラッサー (著), William Glasser (原著), 柿谷 正期 (翻訳)

 

選択の自由[新装版]―自立社会への挑戦

ミルトン・フリードマン (著), ローズ・フリードマン (著), 西山 千明 (翻訳)

 

テイクチャージ 選択理論で人生の舵を取る

ウイリアム・グラッサー (著), 柿谷正期 (翻訳)

 

社会的選択理論―集団の意思決定と個人の判断の分析枠組み

ジョン クラーヴェン (著), John Craven (原著), 富山 慶典 (翻訳), 金井 雅之 (翻訳)

 

まとめ

今回は社会選択理論の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!