【2024年版】台湾語のおすすめ本”14選”【台湾語】

台湾語について勉強したい人向けに、台湾語についてのおすすめ本をご紹介します!

台湾語は、台湾語は、主に台湾で話されている中国語の方言です。この言語は、中国本土の福建省の泉州や同安などの方言に由来しており、広く「閩南語」や「ホロ語」とも呼ばれています。台湾の公用語の1つとして、標準中国語(北京語)とともに広く使用されており、特に台湾西部地域で多く話されています。中国本土の福建方言とはやや異なる点もありますが、中国語の方言の中でも比較的多くの話者数を持つ言語です。台湾には他の方言や原住民語もありますが、歴史的経緯から台湾社会で最も広く用いられている方言が台湾語であり、標準中国語とは別個の言語とみなされています。

台湾語について学びたい人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ニューエクスプレスプラス 台湾語


この本は、台湾の7割以上の人々が日常的に使用している台湾語の入門書の決定版です。台湾語は、もともと中国福建省南部で話されていた言葉ですが、台湾に移住した人々の子孫によって継承され、日本語や中国語の影響を受けながら今日まで台湾各地で話されています。
本書では、台湾語の発音からはじまり、教会ローマ字による表記方法、7種類の声調、文法、表現など、台湾語を体系的に学習することができます。学校などの公的場面で使われる中国語に対し、台湾語は親しい人との会話で頻繁に用いられる庶民の生活言語です。
本書を通じて、あいさつの"Lí hó!(你好)"から始まり、実用的な台湾語の会話力が身に付きます。台湾の人々とのコミュニケーションに役立つだけでなく、台湾の文化や生活習慣の理解が深まる決定版の台湾語入門書となっています。

単語と文法から学ぶ PAPAGO式 台湾華語


この新しいテキストシリーズは、台湾で実際に使用されている「台湾華語」を本格的に学習したい人々のためのものです。これまで、台湾に関心があっても台湾の中国語を適切に学べる教材が不足していましたが、このシリーズでは以下の課題を解決しています。
まず、繁体字で書かれた台湾華語のゼロから始められるテキストとなっており、台湾独自の表現も学ぶことができます。さらに、文法や語法の解説が日本語で丁寧に記載されているため、内容を確実に理解することが可能です。
また、ライトな旅行会話集とは異なり、入門から初級、中級までのレベルをカバーしており、台湾への留学・進学・就職・生活に必要な中国語力を着実に身につけられるよう設計されています。
つまり、台湾への関心が高まる中、台湾華語を本格的かつ体系的に学習するためのテキストシリーズとして、これまでの課題を解決する教材といえます。

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本


この本は、日本人に人気の高い台湾で実際に使われている2つの言語、台湾語と台湾華語(中国語の公用語)の基本会話を7日間で身につけられるように構成されています。
台湾の人々は日常会話で台湾語を、公的な場面で台湾華語を使い分けているため、本書ではその両言語の会話表現を併記しています。これにより、旅行や交流の際に、現地の人々と簡単なコミュニケーションを取ることができるようになります。
つまり、台湾を訪れる際に最低限必要となる会話力を、短期間で効率的に身につけられる実用書となっています。台湾語と台湾華語の両方の言語を学べる点が、台湾への旅行や現地との交流をより深め、充実したものにしてくれる一冊だと言えます。

台湾華語単語 はじめの1000


この一冊は、実施委員会公認のTOCFL(台湾華語文能力測験)Band Aレベルの単語1000語とそれを用いた実用的な例文を収録した台湾華語の単語帳です。
単語と例文には注音符号とピンインの両表記がされており、台湾出身のナレーターによる音声付きなので、発音の確認もできます。
収録された単語は、旅行会話だけでなく、留学や仕事など様々な場面で役立つものが厳選されています。また、日常会話でよく使われる実用的な表現を例文に採用しているため、語彙力だけでなく実践的なコミュニケーション力も身に付けられます。
さらに、単語が初級レベルからTOCFLの準備級・入門級・基礎級までレベル別に分かれているため、留学準備にも最適な構成となっています。
台湾華語の基礎的な語彙と表現を確実に習得でき、リスニング力も付く実用的な単語帳であり、TOCFLの対策としても活用できる点が大きな特徴です。

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる台湾語会話


この本は、日常会話や旅行会話で頻繁に使われるフレーズと基本単語を収録した実用的な会話集です。
各フレーズには、台湾で一般に使われている台湾語と公用語の台湾華語の両方の表記がされています。「〜はどう?」「〜したい」「〜はありますか?」などの定型表現を覚えることで、後は単語を入れ替えるだけで様々な表現が作れるようになる構成となっています。
付属のCDには、収録されたフレーズや単語の日本語、台湾語、台湾華語の発音が収められており、リスニングの練習にも活用できます。
台湾で実際に通用する会話表現と基礎語彙を台湾語と台湾華語の両方で効率的に身に付けられ、CDを活用することでリスニング力も養える実践的な一冊であると言えます。台湾での旅行や生活で役立つ会話力が短期間で身に付く点が大きな特徴です。

新版 CD BOOK はじめての台湾語


これから台湾語を学びたい方におすすめの入門書です。現地で話されている台湾語と公用語(台湾華語)の2言語が併記されており、各語句にはルビが付いています。この本を使えば、日常生活や旅行で簡単な会話ができるようになります。また、発音を確認できるCDが1枚付属しています。2色刷のデザインで、視覚的にもわかりやすく編集されています。台湾語学習の第一歩として、ぜひお手に取ってみてください。

旅の指さし会話帳8 台湾


台湾が多くの人を魅了する理由は、その個性的な景観や街角、おいしい食事、便利な移動手段にありますが、それ以上に「普段着の魅力」や「自然体の魅力」が大きな要因かもしれません。台湾の魅力を深く理解し楽しむためのガイドブック『台湾【第二版】』は、会話を盛り上げるつかみの言葉から文化の勉強まで、非常に面白く深い内容が詰まっています。
『旅の指さし会話帳』を使えば、台湾旅行でぶっつけ本番の会話を楽しむことができます。厳選された3000語以上の台湾華語が、現地の人々の興味を引き出すイラストとともに収録されています。ページを開いて伝えたいことを指さしながら発音し、相手にもページを開いて発音してもらうことで、コミュニケーションがスムーズに取れます。単語やフレーズには実際の台湾華語の発音に忠実なヨミガナが付いているので、心配は無用です。
この会話帳は、個人旅行や出張、留学にもぴったりで、現地の人々との会話を通じて、台湾の本当の姿に触れることができる1冊です。台湾の魅力を最大限に楽しむための素晴らしいツールとなることでしょう。

日常台湾華語会話フレーズ Best表現1100


この本は、台湾で使われる言語や日常生活で役立つ簡単で覚えやすいフレーズが豊富に収録されています。挨拶や交流、食事、ショッピングなどのシチュエーション別に分かれており、SNSでの表現も紹介されています。カタカナのルビが付いているので、初心者でも安心して学べます。また、巻末にはジャンル別の基本単語リストもあります。音声ダウンロードも付いているので、日本語から台湾華語への発音も学べます。旅行や留学前に活用して、台湾華語の会話を楽しんでみてください。

ゼロから1人で台湾華語


台湾でテレビ放送や、学校教育、日常生活などあらゆる場面で
「公用語」として使われる「台湾華語」について、詳しく解説した1冊。
単語1つ1つに音の上げ下げ(声調)をつけることで、
意味をもたせる「声調言語」の1つである台湾華語(4声)。
そのため、徹底して発音・聞き取りを練習できるようにしているほか、
あいさつなどの慣用句・基本的な文法についても網羅。

まんがでわかる 旅先ですぐに使える台湾華語


この語学ガイドは、まんがを通じて旅を疑似体験しながら、必要な会話を楽しく学べる一冊です。ローカル食堂で好きな料理を注文する方法や、ドリンクスタンドでカスタマイズ注文をするコツ、問屋街でバッグをオーダーメイドする手順、市場でフルーツを欲しい分だけ購入する方法、交通系ICカードを使って九份行きのバスに乗車する方法など、少しハードルが高く感じるシチュエーションでも満足できる会話フレーズが満載です。
台湾への旅に携えて、観光マニュアルや指さし会話本としても役立つ一冊です。

キクタントラベル台湾華語


台湾華語が話せると、台湾旅行は一層楽しくなります。夜市や街中、飲食店で現地の人々とやりとりができる旅のフレーズを学びましょう。台湾は日本人にも人気の旅行先であり、親切で人懐っこい台湾の人々と簡単なコミュニケーションをとることで、旅はより充実したものになります。新型コロナウイルスの影響で現在は観光での渡航が制限されていますが、再び台湾旅行を楽しめる日が必ず来るでしょう。その時に備えて、この本で楽しく華語を学んでみませんか?
初心者でも取り組みやすい内容で、華語や中国語を初めて学ぶ方にも最適です。旅行で使うフレーズに絞り、短く覚えやすい表現を紹介しています。注音符号(華語の発音記号)に加え、ピンイン(中国の普通語の発音記号)も併記しており、基礎の発音や文法解説も充実しています。
発音の練習には、聞いて話して楽しく学べる学習音声が付いています。華語の上達には発音の練習が欠かせません。同じ音でも声調を誤ると通じなくなることがあるため、発音の正確さが重要です。この本では、キクタンのリズムを使った発音練習メソッドを採用しており、繰り返し練習することができます。音声は台湾出身のタレント、インリンさんと台湾の人気司会者ケン・ウーさんが担当しており、女性旅行者のメインフレーズをインリンさんが、聞きやすく優しい声で収録しています。楽しくフレーズを真似て練習することができます。

台湾人が毎日必ず話す台湾華語180


この本は、台湾人一家の日常生活を舞台にして、家族や周りの人たちが日々交わす会話フレーズをイラストとともに紹介しています。台湾人の生活に根付く「食衣住行育樂」の6つのカテゴリーに分類されたさまざまな生活シーンを通じて、楽しく無理なくテンポよく台湾華語を学ぶことができます。すべての会話には注音符号とピンインが付されており、学習者にとってわかりやすくなっています。さらに、コラムや索引、ダウンロード音声も付いているので、より深く台湾華語を学ぶことができます。

台湾語基本単語2000


本書では、台湾で公用語とされる「国語」(一般的には台湾華語と呼ばれる)とは異なり、福建南部の閩南語をルーツに持つ言語を「台湾語」として取り上げています。多くの日本人旅行者や留学生が台湾を訪れる際には、一般的に公用語である「国語」に注目しますが、台湾社会に足を踏み入れると、普通の家庭では「台湾語」が広く使われていることがわかります。台湾語は福建南部の閩南語をルーツに持ち、漢語の古音が残ることから、中国語学習者にとっても興味深い言語として紹介されています。

CD BOOK 台湾語会話フレーズブック


台湾では、様々な言語が使われています。公の場や初対面など、フォーマルな場では公用語である台湾華語が使われますが、日常生活では約4分の3の人々が現地の台湾語を使用しています。この本では、すべての会話フレーズにおいて台湾語と台湾華語の両方が併記されており、相手との親しさや状況に応じて適切な言語を使うことができます。さらに、CD3枚が付属しており、日本語、台湾語、台湾華語の3言語が収録されていますので、言語の学習や会話の練習に役立ちます。

単語でカンタン!旅行台湾語会話


この台湾華語会話ブックは、簡単な10のフレーズを覚えるだけで、旅行で使う台湾華語をスムーズに話せるようになることができます。全ての単語や例文にはカタカナのルビと発音記号(ピンイン)が付いており、日本語と台湾華語の両方が収録されたCDも付属しています。台湾華語の旅行会話を学びたい人や初心者にとってピッタリの一冊です。
宿泊、買い物、観光などのシーン別に会話の練習ができるほか、コラムを通して台湾独自の風習や安全に旅行をするための注意点も学ぶことができます。巻末には、「すぐに使える旅単語集500」と「カンタン便利な台湾華語フレーズ」、「索引」があり、いざという時にも役立つ内容が収録されています。

まとめ

今回は台湾語の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!