スポンサーリンク

【2022年版】情報経済学のおすすめ本”7選”【情報経済学】

おすすめ本

情報経済学の勉強におすすめの本をご紹介します!

情報経済学とは経済活動の中における情報の働きについての学問のことです。

情報経済学が専門の学者として活躍をしたい人、情報経済学教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

非対称情報の経済学―スティグリッツと新しい経済学 (光文社新書)

 

入門 ゲーム理論と情報の経済学

 

良き社会のための経済学

ジャン・ティロール (著), 村井 章子 (翻訳)

 

情報経済の鉄則 ネットワーク型経済を生き抜くための戦略ガイド (日経BPクラシックス)

ビジネス戦略の専門家とグーグル・チーフエコノミストが、経済学に蓄積された多彩な知見を情報経済という軸から再編成し、特に実務家の意思決定において重要となる要素を選抜・深掘りして解説する。

広告オークションの設計やクリエ予測などで
Googlを世界一にしたスーパー経済学者で、
現在、Googlチーフエコノミストである
ハル・ヴァリアンらが1999年に刊行したネットワーク型経済を読み解く不朽の名著。
日経BPクラシックス21タイトル目として新訳で待望の復刊。
シュンペーター『資本主義、社会主義、民主主義』に匹敵する衝撃の書。

●「実に素晴らしい本だ。インターネットの時代に経済原理をどう応用すればいいのか、生きた実例を挙げて平易な言葉で教えてくれる」――アンドリュー・グローブ

●「情報経済という新たな世界に飛び込みたい人へ。
本書の鉄則に従えば、成功の確率が格段に高まる」――ジェフ・ベゾス

「乗り換えコストとロックイン」「正のフィードバック」「規格化と標準化」など、
ネットワーク型経済、デジタル経済を特徴づける事象を具体的な事例をもとに経済学的に位置づける。
巻末の解説は琴坂将広・應義塾大学総合政策学部准教授

 

ゲームと情報の経済学 (現代経済学のコア)

細江 守紀 (編集), 村田 省三 (編集), 西原 宏 (編集)

 

ゲームと情報の経済分析 基礎編

エリック ラスムセン (著), Eric Rasmusen (原著), 細江 守紀 (翻訳), 村田 省三 (翻訳), 有定 愛展 (翻訳), 佐藤 茂春 (翻訳)

 

ゲームと情報の経済分析 応用編

エリック・ラスムセン (著), 細江 守紀 (翻訳)

 

まとめ

今回は情報経済学の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!