スポンサーリンク

【2022年版】貨幣経済学のおすすめ本”7選”【貨幣経済学】

おすすめ本

貨幣経済学の勉強におすすめの本をご紹介します!

貨幣経済学貨幣によって商品の交換を媒介している経済についての経済学です。

貨幣経済学が専門の学者として活躍をしたい人、貨幣経済学教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

貨幣経済学の基礎

 

貨幣経済と資本蓄積の理論(第2版)

 

雇用・利子および貨幣の一般理論

J.M. ケインズ (著), J.M. Keynes (原著), 塩野谷 祐一 (翻訳)

 

動学的一般均衡のマクロ経済学―有効需要と貨幣の理論

 

貨幣と金融政策: 貨幣数量説の歴史的検証 (関西学院大学経済学研究叢書)

 

貨幣論のルーマン―“社会の経済”講義

 

内生的貨幣供給理論の再構築―ポスト・ケインズ派の貨幣・信用アプローチ

 

貨幣主権論

ミシェル・アグリエッタ (著), アンドレ・オルレアン (著), 坂口明義 (監修, 翻訳), 中野佳裕 (翻訳), 中原隆幸 (翻訳)

 

まとめ

今回は貨幣経済学の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!