スポンサーリンク

【2022年版】離散数学のおすすめ本”7選”【離散数学】

おすすめ本

離散数学の勉強におすすめの本をご紹介します!

離散数学は、離散的な(連続でない)対象を扱う数学のことです。

離散数学が専門の学者として活躍をしたい人、離散数学教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

離散数学入門 整数の誕生から「無限」まで (ブルーバックス)


離散数学基礎からわかりやすく学べるテキストです。

はじめての離散数学

離散数学基礎からしっかりと学べるです。

イラストで学ぶ 離散数学 (KS情報科学専門書)


離散数学についてイラストを使ってわかりやすく解説したテキストです。

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス)

 

離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる (ブルーバックス)

やさしく学べる離散数学

AI時代の離散数学

まとめ

今回は離散数学の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!