【2024年版】ヒンディー語のおすすめ本”23選”【ヒンディー語】

ヒンディー語について勉強したい人向けに、ヒンディー語のおすすめ本をご紹介します!

ヒンディー語は、インド亜大陸で広く話されているインド・アーリア語派に属する言語の一つです。インドの公用語であり、ヒンドゥー教の聖典である「ヴェーダ」や「ウパニシャッド」が書かれた古典的なサンスクリット語から派生しています。デーヴァナーガリー文字を使用し、ヒンドゥー教やイスラーム教、ジャイナ教、数多くの文学作品、映画、音楽などで広く使用されています。また、インドの国歌である「ジャナ・ガナ・マナ」もヒンディー語で書かれています。

ヒンディー語について学びたい人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ニューエクスプレスプラス ヒンディー語


この本は、多くの話者を有するインドの公用語であるヒンディー語を学ぶための入門書の決定版です。デーヴァナーガリー文字を覚え、多言語社会の中で広がるインドの文化や言語に触れることができます。ヒンディー語は世界的に有数の母語話者を抱え、ヨーロッパの言語と祖先を共有しています。デーヴァナーガリー文字は優雅な字形を持ちますが、その合理的なシステムは学びやすく、語順は日本語に近いものがあります。南アジアの多様な言語に触れながら、ヒンディー語の魅力を発見できます。

書いて覚えるヒンディー語の文字[改訂新版]


この本はデーヴァナーガリー文字の入門書で、ヒンディー語やネパール語、サンスクリット語の表記に用いられる文字を学ぶための唯一無二の学習書です。文字の書き順から発音のずれまで詳細に解説し、11世紀に成立したとされるデーヴァナーガリー文字の合理的な構造を理解する手助けをします。文字の原理を知り、書きながら覚えることで、初めての大きな関門を乗り越え、デーヴァナーガリー文字を克服することができます。

ヒンディー語文法ハンドブック[新装版]


この本は、インドの連邦公用語であるヒンディー語の基本文法を詳細に記述したもので、話者が約5億人と言われるこの言語の理解を深めるための書籍です。デーヴァナーガリー文字から語形変化一覧まで、幅広い項目を体系的に解説しています。書籍や雑誌、Webの記事、映画のセリフなど、生きた用例も豊富に取り入れ、実際の言語使用に役立つ内容となっています。初級者から中・上級者まで広く対象としており、目次や索引を活用して必要な情報に迅速にアクセスできます。

旅の指さし会話帳22 インド


この「指さし会話帳」は、厳選された使えるヒンディー語を3000語以上、現地の興味を引くイラストと共に提供しています。ページを開きながら指さし、発音し、相手にも同様にしてもらうことで、効果的なコミュニケーションが可能です。ヨミガナも掲載されており、実用的なフレーズがさまざまなトピックにわたり収録されています。あいさつ、移動、食事、トラブルなど、旅行に役立つシーン別のフレーズが充実しており、映画や文化に触れながら深い旅を楽しむことができます。

ヒンディー語 (会話集)


この「ひとり歩きのヒンディー語会話集」は、持ち歩きに便利なサイズで、ダウンロード式音声が付いているリニューアル版です。旅行やビジネスでヒンディー語を使用する際に役立つ会話が収められており、発音はカタカナで表示されています。巻頭にはインドの見どころや食事メニューの写真があり、本編ではイラストと共にわかりやすい解説で、とっさの会話や旅行中のさまざまな場面に対応しています。留学や出張、インド旅行などに役立つ一冊です。

ヒンディー語=日本語辞典

この辞書は現代語、外来語、専門用語などを幅広く収録しており、さらにはインド内外の重要な地名、歴史上の事件や人物などの固有名詞も網羅しています。冒頭には文字と発音、綴りや文法の概略、略語表、資料、参考文献が掲載されています。この辞書はヒンディー語学習者やヒンディー語を使用する人々が理解を深めるのに役立つでしょう。

SS式すぐに話せる!ヒンディー語


この本は外国人とその国の言葉で、迅速に「すぐ話せる」ようになるためのスーパー会話入門です。日常でよく使う表現を、単語の差し替えドリルを通じて効果的に覚えられるようにコンパクトに編集されています。

ヒンディー語文法ハンドブック


この本は南アジアの中核であるインドの主要言語、ヒンディー語の待望の文法書です。文章体から口語まで、様々なメディアから選ばれた生きた用例が豊富に収録されています。

旅芸人は楽し―ヒンディー語劇海外公演の記録―


この本は、学生のヒンディー語劇団が10年間にわたり、インド、イギリス、ネパール、モーリシャス、タイ、シンガポールで79回にわたる公演を行った全記録です。これは前例のない語学の実践教育の体験記録でもあり、日本とインドの文化交流、異文化コミュニケーションの観点からも興味深い内容です。一人の大学教師と学生たちが協力して、インド(またはインド系の人々)の観客の心をとらえた感動の物語が描かれています。語学教師、異文化コミュニケーションに関心のある人々、そして演劇関係者にとって魅力的な本となっています。

デイリー日本語・ヒンディー語・英語辞典


この辞典は、シンプルで使いやすい3か国語辞典のヒンディー語版です。日常的な基本語を約1万3,000項目収録しており、ヒンディー語にはローマ字転写とカナ発音、英語にはカナ発音が付いています。日本語見出しはふりがなとローマ字が付いており、外国人学習者にもおすすめです。また、付録には「日常会話」(音声ウェブサービス付き)と「分野別単語集」が収められています。旅行や初歩の学習に最適な辞典となっています。

ヒンディー語会話練習帳


このヒンディー語会話書は、わが国初めてのもので、インドへの旅行者や来日するインド人にとって便利な日常会話を提供しています。日本語、ローマ字、ヒンディー語、発音表記の順に配列されており、またインドの風習についても若干紹介されています。

基礎ヒンディー語

この本は、大国インドの公用語であるヒンディー語の本格的な基礎学習書です。文字、発音、文法などを629項目にわけて詳しく解説しており、百余りの練習問題とその回答が付属しています。補遺篇では、接頭辞や尾辞、数詞などをまとめて語彙3,500も収録されています。

魅惑のインドでヒンディー語 ヨーガとアーユルヴェーダを楽しむ


この本は、ミステリアスな国インドの旅行をさらに楽しくするための会話集です。伝統的なヨーガやアーユルヴェーダに焦点を当て、古くから伝承されてきた文化や現代の日本で注目を集めているテーマについて、会話を通じて理解を深めることができます。

はじめてのヒンディー語

この本は、出張や旅行などでインドを訪れた際に基本的な会話ができるようになるための入門書です。よく使われる表現を場面別や状況別に整理し、また基本単語をジャンル別にまとめています。これにより、インドのBRICsの一員である国でのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

まずはこれだけヒンディー語

この本は、ヒンディー語の初心者向けの参考書です。発音や文法の基礎をしっかりと学習でき、旅行で役立つフレーズや単語も身に付けることができます。初めてヒンディー語を学ぶ方に最適な教材となっています。

250語でできるやさしいヒンディー会話

この本は、わずかな単語でヒンディー語の基礎を学ぶための会話入門書です。23の課で具体的な会話を通じて、コミュニケーションに必要な表現や心遣いを覚えることができます。ナーガリー文字に加えて、ローマ字とカナの発音も付けられています。初心者向けに分かりやすい構成となっています。

書いて覚えるヒンディー語の文字―デーヴァナーガリー文字入門


この本は、ヒンディー語への最短の道を文字を覚えることに見出します。デーヴァナーガリー文字の仕組み、筆順、音声、そして注意すべき規則を一字一字ていねいに学ぶことができます。本書は直接書き込む方式で、効果的な学習をサポートします。

ヒンディー語のかたち


この本では、自分の名前をヒンディー語の文字で書くことから始め、街角の看板やメニューなどをクイズや写真を使って楽しみながら読む方法を提案しています。これにより、ヒンディー語の学習をより実践的で楽しいものにし、旅行の楽しみも倍増するでしょう。

ヒンディー語・日本語辞典: 付:日本語・ヒンディー語小辞典


この辞典は、インドの公用語であるヒンディー語の最新で本格的なもので、約2万7千語の見出しと約2万の用例が収録されています。転写やカナ発音も付いており、語源、異なり語、類語、対義語なども豊富に提供されています。また、約5千語の「日本語・ヒンディー語小辞典」も付いています。この辞典は、幅広い語彙と豊富な情報でヒンディー語の学習や理解に役立つでしょう。

インド (タビトモ会話)

この本は、ローカル・フード、バザー、ヨガ、民族音楽、映画など、様々なトピックに焦点を当て、イラストを使ってヒンディー語と英語で会話するためのものです。イラストを通じて、具体的でリアルなシーンでの会話表現が学べ、異文化コミュニケーションにおいて役立つ表現やフレーズが豊富に提供されています。これにより、日常の生活や観光、文化体験などで使える言葉や表現を身につけることができるでしょう。

ヒンディー語小辞典―ヒンディー語―日本語


この辞典は、インドの公用語であるヒンディー語に焦点を当て、ヒンディー語から日本語へと逆に検索できる形式で、語彙や表現を広範に網羅しています。また、日本語からヒンディー語への検索も可能で、日本とインドとの言語的な交流に役立つでしょう。さらに、ヒンディー語と日本語の間での基本的な文法解説も含まれているため、言語学習者にとっても有益な一冊となっています。

こうすれば話せるCDヒンディー語


この入門書は、ヒンディー語を学びたい人々に向けて、初歩の段階から始められるように構成されています。従来の入門書とは異なり、無味乾燥な文だけでなく、自然な会話や背景の文化も取り入れられているため、学習者がより実践的でリアルな言語体験を得られるでしょう。文法や基本表現だけでなく、背後にある文化やコンテキストも理解できるようになっており、ヒンディー語の学習をより楽しく効果的に進めることができるでしょう。

ヒンディー語―トラベル会話ハンドブック

このハンドブックは、旅行者が現地で即座に使えるヒンディー語を学ぶことを目的としています。旅行に必要な例文や単語、基本的な文の型が解説されており、アルファベットでの発音も併記されています。これにより、インドへの旅行中に基本的なコミュニケーションがスムーズに行えるようになります。使いやすいハンドブックとして、現地の文化や状況に合わせた実用的な表現が提供されていることが特徴です。

まとめ

今回はヒンディー語の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!