【2024年版】刑事訴訟法のおすすめ本”13選”【刑事訴訟法】

刑事訴訟法の勉強におすすめの本をご紹介します!

刑事訴訟法は、刑事訴訟に関する手続についての法律のことです。

刑事訴訟法が専門の学者として活躍をしたい人、刑事訴訟法教養として学びたい人におすすめです!

スポンサーリンク

伊藤真の刑事訴訟法入門 第5版 講義再現版


刑事訴訟法基本がわかる定番入門書です。

刑事訴訟法 第2版 (LEGAL QUEST)

宇藤 崇 (著), 松田 岳士 (著), 堀江 慎司 (著)

刑事訴訟法基本を丁寧に解説した教科書です。

刑事訴訟法〔第2版〕


刑事訴訟法丁寧解説したテキストです。

刑事訴訟法講義 第7版

 

刑事訴訟法

辻本 典央 (著)

刑事訴訟法 第5版

刑事訴訟法講義 第5版

刑事訴訟法 NBS (日評ベーシック・シリーズ)

刑事訴訟法の基本をわかりやすく学べる本です。

基本刑事訴訟法I 手続理解編

刑事訴訟法の基礎から実務までを学べる本です。

基本刑事訴訟法II 論点理解編

刑事訴訟法の論点がしっかりと解説された本です。

判例講座 刑事訴訟法〔捜査・証拠篇〕〔第2版〕

刑事訴訟法について判例を用いながらわかりやすく学べる本です。

大コンメンタール刑事訴訟法(第三版) (第6巻)

刑事訴訟法についてしっかりと解説された本です。

条解刑事訴訟法 第5版 (条解シリーズ)

刑事訴訟法の条文や判例などについて学べる本です。

まとめ

今回は刑事訴訟法の勉強におすすめの本をご紹介しました!

気になった本があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!